アスフィール株式会社 年間12,800校の取引実績のあるアスフィール株式会社が運営するオンラインショップ
証書印刷

卒業証書ではどのような用紙が使われる?

 卒業証書の用紙には、どのような紙が使われていると思いますか?

 改めて考えてみると、多くの方がピンとこないと思います。この記事では証書用紙についてご紹介させて頂きます。

卒業証書ではどのような用紙が使われる?

目次

  • ポイント①: 紙の厚さ
  • ポイント②: 紙の色
  • ポイント③: 紙の種類
  • 最後に

ポイント①:紙の厚さ

 賞状用紙には【180kg~220kg】程度の厚みの用紙が使われることが多いです。

 紙の厚さは製紙業界の慣例で、「カットする前の大きな紙を、1000枚重ねた時の重さ」で表現するのが一般的です。そのため単位がmm(長さ)ではなく、kg(重さ)になります。

 180~220kgは、一般的には【名刺】などに用いられている厚さです。証書用紙は薄すぎるとペラペラで安っぽい印象になってしまい、逆に厚すぎると印刷機を通らなくなってしまうので、このくらいの厚みが一般的です。アスフィールでもこの範囲内の用紙を使用しています。

ポイント②:紙の色

 地域によって若干の差がありますが、【クリーム色】に近い紙を使用している学校様が多いです。

 アスフィールにご注文いただいている学校様の場合、6割以上の学校様がクリーム色の紙を使用しています。

 その他には真っ白の紙を使用したり、やや茶色に近い色味の紙を使用したりする学校様もいらっしゃいます。色については法令等で定めがあるものではないので、お好みでどのような色の紙を使っていただいても大丈夫です。

 ただ、特殊な色の紙は流通量が少なく、その分高価になることが多いので、ご検討の際はご注意下さい。一般的な色の紙の方がコストは抑えやすい傾向があります。

ポイント③:紙の種類

■局紙

「すかし」のない証書用紙です。

「局紙」という名前の由来は、かつての大蔵省印刷「局」から来ています。

 明治時代の初期に紙幣を印刷する為に、印刷のしやすさと耐久性を兼ね備えた紙が求められました。そこで当時の大蔵省印刷局が、越前地域の和紙職人に依頼して開発したのが「局紙」になります。

 当時としては最先端の技術で、製造時に表面に圧力をかけて滑らかにすることで印刷品質を高めています。逆に裏面には圧がかかっていないので、和紙のように少しザラっとした手触りになります。

 紙幣の他、かつては株券などにも使用されていました。現在も賞状用の紙として、伝統的な製法で作られています。

■すかし用紙

 局紙に「すかし」を入れたものになります。

 元々は偽造等の防止のために、紙にすかし模様を入れたことに由来します。現在も紙幣、株券、証明書などに使われています。すかしの柄には校章や学校名を入れることが多いです。

 オーダーメイドでの製造になるため、局紙や一般の紙と比べて高価になり、少数だと生産ができないという点には注意が必要です。

■手漉き和紙

 最も伝統的な方法で作られた和紙です。

 職人が1枚1枚手作業で作成するため、和紙特有の風合いがしっかりと出る点が魅力です。ただし手作業で作るため、製造に時間がかかり、費用も高くなる傾向があります。また、製法や原料によっては印刷機での印刷ができない場合があります。

 かつては全国各地で和紙の製造が行われておりました。現在でも和紙の生産が盛んな地域では、地元の和紙をつかって卒業証書を用意している学校様もございます。

【ご注意】
アスフィールの証書印刷は、すべて当社で用意した紙への印刷になります。
上記の通り、紙にはさまざまな種類があり、紙の特性や品質によっては弊社の印刷機で印刷ができない可能性がありますので、学校様でご用意頂いた紙への印刷は承ることができません。予めご了承下さい。

最後に

 卒業証書に使われる紙について説明させて頂きました。様々な種類の紙がありますが、基本的には法令等で厳密に決まったものではございませんので、各学校様のご判断で選んで頂けるものです。

 アスフィールでは、国立大学様をはじめ全国の多くの学校様に卒業証書を納品しております。各学校様のご予算に合わせて最適な用紙をご用意させて頂きますので、お気軽にご相談頂けますと幸いです。